愛宕神社 詳細情報

ご祭神(お祀りしている神様について)

主祭神

火産霊命(ほむすびのみこと)

その他の神々

罔象女命(みずはのめのみこと・水の神)
大山祇命(おおやまづみのみこと・山の神)
日本武尊(やまとたけるのみこと・武徳の神)

御神徳

火に関するもの:防火、防災
印刷・コンピュータ関係
商売繁盛
恋愛、結婚、縁結び

由緒

愛宕神社は慶長8年(1603年)、徳川家康の命により江戸の防火の神様として祀られました。愛宕神社の建つ愛宕山は標高26mしかありませんが、東京23区内ではかなり高い山で、江戸時代から江戸で最も見晴らしのいい土地として、広重などの版画の題材としても有名です。
また、現在では「桜田門外の変」で、水戸浪士が集結した地としても有名です。
境内には末社として、太郎坊社(猿田彦---->天狗さん)、福寿稲荷社、大黒天社、弁天社があります。
また、徳川家康が信仰し、天下とりの祈願をかけた勝軍地蔵菩薩(行基作)巳年・辰年の守り本尊の普賢大菩薩をお祀りしています。

主な年間行事(数ある年間行事の一部をご紹介)

千日詣り  ほおずき市(6月23日、24日)

この日に参拝すると、1000日分の御利益があるという江戸時代から伝わるお祭りです。また、境内で自生してていたほおずきを飲むと、子供の癇・婦人病に効くとも言われ、愛宕山の上にほおづき市と露店がならび、江戸の風情を楽しめます。

例大祭 出世の石段祭り(9月22~24日)

一年の感謝を神様に捧げる、愛宕神社で一番大きなお祭りです。
2年に1度、御神輿が出世の石段を行き来し大変勇壮です。
町内を巡行した後、提灯を付けた御神輿が急勾配の石段を登る様はダイナミックそのもので祭りのクライマックスに相応しく興奮は一気に高まります。

交通・お問い合わせ

住所:東京都港区愛宕 1-5-3
TEL:03-3431-0327
URL:http://www.atago-jinja.com/

>>愛宕神社めぐり(近日公開予定)

赤坂・神社巡りMENU

Copyright (C) 2007 東京赤坂・癒しの神社巡り All Rights Reserved.