山王日枝神社

山王日枝神社 詳細情報

ご祭神(お祀りしている神様について)

御祭神

大山咋神(おほやまくひのかみ)

その他の神々

国常立神(くにのとこたちのかみ)
伊弉冉神(いざなみのかみ)
足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)

由緒

創建の年代は不詳です。武蔵野開拓の祖神・江戸の郷の守護神として江戸氏が山王宮を祀り、文明10年(1478年)太田道灌公が鎮護の神として川越山王社を勧請したのにはじまるとされます。

やがて天正18年(1590年)徳川家康公が江戸に移封され、江戸城を居城とするに至って「城内鎮守の社」「徳川歴朝の産神」として、又江戸市民からは「江戸郷の総氏神」「江戸の産神」として崇敬されました。

二代秀忠の時の江戸城大改造の際、城内紅葉山より新たに社地を江戸城外に定め、現在の隼町国立劇場附近より社殿を新築して遷祀。
この時から別当神主を定め、神社の規模は広大に整い、広く一般衆庶も参拝し得る道を開きました。

明暦3年(1657年)に火災により社殿を焼失したため、時の将軍家綱は直ちに赤坂の溜池を望む松平忠房の邸地を官収して社地に充て、現在地に遷座しました。

明治元年(1868年)11月の東京奠都と共に勅使奉幣が行われ、准勅祭社に指定されました。その後、皇城鎮護の神社とされて大正元年(1912年)には官幣大社に昇格しました。昭和20年(1945年)5月、東京大空襲で社殿が再び焼失し、「昭和御造営」の画期的な大事業が企画され、10年に亘る歳月を以て昭和33年(1958年)に再建されました。
昭和53年6月、500年を祝する式年大祭により、「宝物殿」の建築、本殿以下社殿の修繕、境内整備等が実施され、現在に至ります。

主な年間行事(数ある年間行事の一部をご紹介)

山王まつり(6月7日~6月16日)

京都の祇園・大阪の天満まつりと共に、日本三大祭りの1つです。
徳川幕府の江戸時代に、江戸城内に入御した御神輿を歴代の将軍が上覧拝礼する「天下祭り」 として盛大をきわめた祭りで、江戸三大祭りの筆頭でもあります。

お一日まいり・月次祭(毎月1日・15日)

毎月の行事で、お一日まいりは1日、月次祭は15日に行われます。
自由参加で誰でも参加でき、大神様に神恩感謝の意を捧げ日々の安泰を祈願します。

交通・お問い合わせ

住所:東京都千代田区永田町二丁目十番五号 日枝神社
TEL:03-3581-2471
URL:http://www.hiejinja.net/

>>山王日枝神社めぐりへ

赤坂・神社巡りMENU

Copyright (C) 2007 東京赤坂・癒しの神社巡り All Rights Reserved.