赤坂氷川神社

赤坂氷川神社 詳細情報

ご祭神(お祀りしている神様について)

素盞鳴尊(すさのおのみこと)
奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)
大己貴命 (おおなむぢのみこと)

御神徳

天照皇大神の弟神でもある素盞鳴尊は、ヤマタノオロチを退治したことで有名です。勇猛果敢にして優しき御性格により災厄を祓い退ける「厄除け」、奇稲田姫命と結ばれたことで「良縁・縁結び」「家内安全」の御神徳ありとされてます。
大己貴命は、別名「大国主命」で「商売繁盛」の御神徳があるといわれております。

由緒

創立の起源は、天歴5年(村上天皇 951年)、蓮林僧正が霊夢を見て、武州豊島郡人次ヶ原(俗称…古呂故ヶ岡・赤坂4丁目一ツ木台地)に祀られたと古書により伝えられています。
これよりおよそ百年後の治歴2年(後冷泉天皇 1066年)、関東に大旱魃が発生、降雨を祈るとその霊験(しるし)があり、以来よく祭事が行われました。

江戸時代、幕府の尊信は篤く、八代将軍徳川吉宗公が享保元年(1716年)将軍職を継ぐに至り、同14年(1729年)に老中岡崎城主水野忠之に命じ、現在地(豊島郡赤坂今井台)に現社殿を造営、翌15年(1730年)4月26日に、一ツ木台地から現在地への遷宮が行われ、28日に将軍直々の御参拝がありました。
以後十四代家茂公まで歴代の朱印状(※港区文化財)を下附され、一層の御神徳を高め、開運・厄除・良縁の鎮守神として尊崇を深められました。

主な年間行事(数ある年間行事の一部をご紹介)

大祓式(おおはらえしき)(6月30日と12月31日)

6月の大祓を「夏越(なごし)の祓」と呼び、無病息災を願いつつ、茅や藁を束ねた「茅の輪くぐり」という神事もあります。
12月の大祓は「年越の祓」と言われ、新たな年を迎えるために心身を清めるための祓いです。
神事の開始時間は神社によって異なりますので、事前にご確認ください。

例大祭(9月15日)

1年の祭典の中で、最も重要なお祭りです。(例祭日は各神社によって異なります)。国家の隆昌と氏子崇敬者をはじめ国民の繁栄を祈願します。
境内には多くの露天が並び、各町会の協賛により提灯が掲げられ、夕方からは氏子の方々の盆踊りもあります。隔年に町会神輿も氏子区域を巡礼し、お正月同様、最も活気のある日です。

交通・お問い合わせ

赤坂氷川神社社務所
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂6-10-12
TEL:03-3583-1935
URL:http://www.akasakahikawa.or.jp/

>>赤坂氷川神社めぐりへ

赤坂・神社巡りMENU

Copyright (C) 2007 東京赤坂・癒しの神社巡り All Rights Reserved.